ズボラ主婦の覚書

ズボラ主婦の育児と家事をつづるブログ

MENU

愛を忘れかけたときに愛する人と聴きたいミスチルの名曲「Another Story」

こんにちは!hanaです。

 

今回は 愛を忘れかけたときに愛する人と聴きたいミスチルの名曲「Another Story」 です。

f:id:HappyUnbirthday:20180523011344j:image

 

以前ミスチルの究極のラブソングおすすめの曲12選 - ズボラ主婦の覚書を書いたときに入れようか迷った曲なのですが、万人受けしないかなと思った(幸せ全面ラブソングではないので)のと好きで書き足りないと思ったので、今回1記事使ってMr.Children「Another Story」を紹介します。

今週のお題「あの人へラブレター」として大好きなミスチルの桜井さんへ送るラブレター第三弾!hanaの一人ミスチル祭りだぞ〜!笑

 

第一弾

第二弾

 

愛を忘れかけたときにこそ聴いてほしい

Another Story

Another Story

  • Mr.Children
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Another Storyは20代の初めに聴いた時には全然響かなかった曲なんですが、結婚後、特に出産してから毎日家事育児に必死で夫への愛を忘れかけたときに聴いて大好きになった曲です。(だから漫画と一緒で、CDも断捨離できない。その時々で感じ方が変わってくる。)

夫とは10代から付き合っていて長い交際期間を経て結婚したため、新婚生活はすでに老夫婦のような落ち着いた生活(それはそれで気に入っていた)。けれど子どもが産まれて毎日必死で生活しているうちに、毎日帰りの遅い夫にイライラすることが多くなりました。元々短気ではなくイライラすることもあまりなかったのに、子どもが産まれてからは毎日イライラ…今では毎日子どもたちに怒鳴っています。泣 でも決して夫を嫌いになった訳ではありません。今でもふとしたときにこの人と結婚してよかったなと思う時もありますし、好き勝手している私に何も言わずに信頼してくれる懐の深さに感謝もしています。

でもときどき(いや、よく)そんな気持ちを忘れてしまうときがあるんですね。そんな時にAnother Storyを聴くと大好きで結婚した時の気持ちを思い出すことができます。もし今相手の嫌なところばかりが目についてしまう、相手への愛を忘れかけているそんなあなたにぜひ聴いてほしい一曲です。

 

Another Story

(2007年)

作詞:桜井和寿

作曲:桜井和寿

Another StoryはアルバムHOMEに収録されています。全部歌詞を載せたいくらいなのですが大きな勢力からお咎めがきそうなので 笑、少しずつ抜粋しながら紹介したいと思います。

この曲はおそらく倦怠期の恋人同士の姿を男性の目線から歌った曲だと思います。

いつも笑ってた 無理してたんだな それも分かってた

自分のことばかりいつも主張して 君の言葉なら上の空で聞いて

「自分のことばかりいつも主張して」結婚生活を送っていると甘えからか、どうしても自分の大変さばかり押し付けがちです。本当はお互い様なのにね。そして男性にありがち「君の言葉なら上の空で聞いて」…本当この前も言ったよね?ってよくある。

ごめんねって言葉 君は聞き飽きてるんじゃないかなぁ?
どんな風に言えば 優しい君は戻ってくるかなぁ?
よく出かけた公園をバスは今通過中
いつかの君が横切る

本当のごめんねはあまり聞きませんが、適当なごめんはよく聞きますね。笑 「優しい君は戻ってくるかなぁ?」「いつかの君が横切る」あぁ心が痛い。笑 そう昔はお互いもっと思いやりを持って過ごしていたはずなのに、長く一緒にいると忘れがちですね。

朝が来て日常が 僕らを叩き起こし
逃げるようにベッドから這い出る

2番のこの歌詞の後に間奏でサックスの演奏が入るのですが、ここで若かりし頃の2人を走馬灯のように思い出すのがおすすめの聴き方。笑

分かり合うなんてそう簡単じゃないのは分かってる
ごめんねって言葉 君は聞き飽きてるんだろうけど
誤解がしょうじないように 簡潔に伝えられぬもんかなぁ

いくら夫婦でも他人ですからね、分かり合うのは簡単じゃない。ごめんねという言葉でしか伝え方がわからない、簡潔に伝えられない…男性の気持ちってこんな感じかな?(この〜もんかなぁという桜井さんの切ない歌い方も好き♪)

そしてラストの歌詞!

君と生きる毎日が なんだかんだ言って嬉しい
そう君の笑顔と共に
そう君の笑顔と共に

もうここ泣ける。いろいろ昔を思い出して、不満があったりもしたけど結局は「君と生きる毎日が なんだかんだ言って嬉しい」なんですね!この「なんだかんだ」っていうのもまたいい。毎日幸せなことばかりではないけどなんだかんだ言って、それも含めて幸せなんですよね。「そう君の笑顔と共に」この「そう」の使い方とかずるい。「君」と「笑顔」を桜井さんが裏声で切なそうに歌うのなんか、絶対に泣かそうとしている。笑

ということで私のAnother Storyの聴き方でした。皆様も自分に置き換えてお聴きくださいMr.Childrenで「Another Story」。笑

Another Storyどうでしたでしょうか?もちろん歌なので聴く人によっていろんな解釈があると思います。(それがまた音楽の楽しいところでもある。)この曲を愛する人と聴いて、今もなんだかんだ言って幸せだねってお互い思い合えたら素敵ですね。大切な愛を取り戻すきっかけの歌となりますように。はぁ桜井さんがかっこよすぎて、隣の夫が…となってはダメですよ!!!笑

 

今回は 愛を忘れかけたときに愛する人と聴きたいミスチルの名曲「Another Story」でした。ぜひ聴いてみてくださいね!あと一回くらいミスチル祭りがしたいな…!

 

 

HOME(通常盤)

HOME(通常盤)

 

 

合わせて読んでほしい記事

 

前回の記事はこちら

今日も読んでくれてありがとう♪

スポンサーリンク