ズボラ主婦の覚書

ズボラ主婦の育児と家事をつづるブログ

MENU

ミスチル元気が出る曲8選(前編)

こんにちは!hanaです。

今回は「ミスチル元気が出る曲8選(前編)」です。

f:id:HappyUnbirthday:20180518025328j:image

今週のお題「あの人へラブレター」

これは書くっきゃない!誰にかって…加地さんでしょって?

参照:

いやいやミスチル桜井さんですよ!私の

ダーリンダーリン♪←絶対違う

以前のこの記事

実は当ブログの外部検索の稼ぎ頭でして、特定のキーワードで1ページ目に掲載されています。桜井さんがエゴサーチしたら見てもらえるかも!(←桜井さん絶対エゴサーチせえへんわな。)

桜井さんにLOVEはじめました♪してから十数年…桜井さんの歌声に何度助けられただろうか。

今回は私の独断と偏見で選んだミスチル元気が出る曲8選(前編)。前編にしたのは選びきれなかったので、今回はメロディと演奏も元気目の基準で選びました。後半は割と暖かい感じの元気が出る選曲にします。

私の好きな歌詞と共にご紹介します!

 

終わりなき旅

(1998年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっと きっとって 僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

(中略)

誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

まずはド定番の終わりなき旅から。何歳になって聴いても、自分はまだまだ大きくなれる気がする曲です。生きる為のレシピなんてないから自分らしく生きていいと背中を押してくれる曲。進むべき道に迷ったときに聴くと元気になれます。

 

雨のち晴れ

(1995年)

作詞:桜井和寿 作曲:小林武史

もういいや もういいや
疲れ果てちまった
そう言って そう言って
ここまで来たじゃないか
今日は雨降りでも
いつの日にか

 

もうちょっと もうちょっと
頑張ってみるから
ねえもっと ねえもっと
いい事があるかな
イメージはいつでも
雨のち晴れ いつの日にか 虹を渡ろう

珍しく明るいコバタケ(小林武史)ワールド。歌詞も明るくて元気が出るのですが、この曲は桜井さんがノリノリで楽しそうに歌っているイメージがあって元気が出る!嫌なことがあってもイメージはいつでも雨のち晴れ♪でいたいですね。口ずさみたくなる軽快なリズムです。

 

ヨーイドン

(2005年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

ヨーイドンの合図 待たずして僕ら大人になっていくよ
どこに向かっているのかなんて分かんない
でも飛び出していくよ
いい手本が近くにいっぱいあんだ 幸せになってみせるよ

この曲も歌詞よりはヨーイドンという響きとかわいくて軽快なメロディが好きです。一度聴くとなかなか頭から離れてくれないメロディ…笑 幸せになってみせるという前向きな曲です。

 

fanfare 

(2009年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

「僕はボクさ」と主張をしたって
僕もボクをよく知らなくて
ぐるぐる自分のしっぽを追いかけ回して
ひょっとしたらあなたの瞳に
いつか出会った本当の僕が
迷い込んでやしないかなぁ?
って探してみる

(中略)

いつか誰もが大人になって
ちゃっかりした大人になって
失った宝物を探しに行こう!

fanfareはワンピースの映画の曲ですね。(私ワンピース漫画は途中で挫折したので語れません。10巻までが最高によかった…とか言ったら怒られるわな 笑)

ちょっと待ってと言われたって〜♪これもノリノリで歌いたくなる。歌詞もなかなか深い。宝物を探しに行こう!とポップで力強い曲です。

 

エソラ

(2008年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

雨に降られたら 乾いてた街が
滲んできれいな光を放つ
心さえ乾いてなければ
どんな景色も宝石に変わる

(中略)

メロディーラインが描いたカラフルな希望のフレーム
輝きを撒き散らしては僕らに夢を見せる

エソラはイントロからワクワクする感じの元気な曲です。歌詞もすごくいい!桜井さんの天才的な言葉選びのセンスが光る一曲。繊細な歌詞をノリノリで歌い上げるところがまたいい!

 

彩り

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑

彩りは大好きでよく出社前(仕事あまり好きではなかった)に聴いて元気をもらっていました。最初の「少ないけど赤 黄色 緑」から「あわてて僕は彩を探す にじんでいても 金 銀 紫」、「モノクロの僕の毎日に 増やしていく 水色 オレンジ」、「モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 温かなピンク 増やしていく きれいな彩り」と聴いていくうちに頭の中のキャンバスに彩りが増えていって最後の温かなピンク(←という表現も好き!)…ととっても幸せな気持ちになれます。疲れているときに聴くと癒されて、元気が出る一曲です。

 

Happy Song 

(2012年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

Wow... Oh Wow
自分にエールを!
Wow... Oh Wow
悩んでたって始まりゃしねえぞ

目紛るしく変わっていく世界に
ちょっと足がすくんでしまいそうな近頃
まるで 前へ倣(なら)えの 右へ倣(なら)えの
優等生モード
でも I believe
相も変わらずに
いつだってこの胸に流れる
悲しいほどにハイテンションな
Happy Song を歌おうよ

(中略)

寂しい昨日と手を繋いで
Happy Song を歌おうよ

Happy Songはめざましテレビの曲でした。(ずっとめざましテレビ派だったのに結婚してから夫が見るのでおは朝という関西の朝番組に変わった…関西に染められていく私 笑)目覚ましテレビ見て6時50分、6時50分のコールを聞いて駅までダッシュする生活をしていたので、朝からHappy Songでテンションを上げていました。ひとりウォウオウで自分にエール送って、悲しいほどにハイテンションなHappy Song歌ってましたね。笑 これも仕事の前に聴くのにおすすめの一曲です。

 

足音 ~Be Strong〜

(2014年)

作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

疲れて歩けないんなら 立ち止まってしがみついていれば
地球は回っていって きっといい方向へ 僕らを運んでくれる

(中略)

今という時代は
言うほど悪くはない
また一歩 次の一歩 靴紐を結び直して
喜びを分かち合い
弱さを補い合い
大切な誰かと歩いていけるなら

(中略)

この足音を聞いてる 誰かがきっといる

足音は『信長協奏曲』主題歌でした。(信長協奏曲も漫画読めてない。漫画を含め読書家の母にいいよ!っておすすめされたのに。)この曲は力強いんだけど、メロディにあたたかさもあります。「疲れて歩けないんなら 立ち止まってしがみついていれば 地球は回っていって きっといい方向へ 僕らを運んでくれる」の歌詞も好きで、ホッとして…励まされる曲です。

 

どの曲も私のこれまでを支えてくれた元気をくれる曲たちばかり。私のラブレターみなさんに届いてくれるといいな!まだまだ愛が溢れているので、続きます!ミスチル祭りだ!

 

今回は「ミスチル元気が出る曲8選(前編)」でした。割とメジャーな曲が多かったですね。ぜひ疲れているとき、元気になりたいときに聴いてみてください。

 

合わせて読んでほしい記事

前回の記事はこちら

今日も読んでくれてありがとう♪

スポンサーリンク